法事について

法事とは?

法事は本来、仏教行事全般を指す言葉でしたが、現在では故人を偲ぶ「追善供養」を意味するようになりました。
つまり、故人への追悼と共に、生きている者たちの善い行いを故人に回し向けるものを意味します。

 

最近の法事事情

法事の構成を大きく分けると、僧侶による仏教的なセレモニーと、その後の会食(お斎 ※読み:おとき)に分けることができます。

葬儀場や寺院、自宅で営まれ、引き続き同じ場所で会食に移る場合と食事処などへ場所を移すケースがあります。

最近では施主の住宅事情を含めた様々な要因により、法要の場所以外で会食をすることも多くなっています。

いちえでもお参り会場(※お参り会場は、メモリアル香華殿恵庭斎場、北広島斎場となります)、会食会場や仕出し料理をご用意しておりますので、是非ご利用ください。

(いちえの会食会場)

 

法事の種類 ※仏教の場合

四十九日忌までの法事

 

右の図のように、本来は亡くなった日から四十九日忌(七七日忌)までの間に7日ごとの法要を営むのですが、最近では初七日と四十九日忌に重きを置いて、ご家族、ご親戚、親しい方々を招きお参り、お斎(お食事)をするケースが多いようです。

一般に、亡くなった日から四十九日忌までの間を「中陰(ちゅういん)」と言い、仏教では、「この世」から「あの世」へ変わる途中とされています。この「中陰」の間の49日間目に亡くなった方の次の生まれ変わりが決定されるといわれ、法事の中でも最も重要な日とされ、親しい方々と盛大に営まれるのが一般的です。四十九日忌が「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。

「満中陰」を迎えることによって「忌明け(きあけ)」となり、この日に納骨(埋骨)をすることが多くあります。

また、季節により自宅、寺院でお骨を一時的に保管し、あらためて納骨するケースもあります。その際は、参列いただく方に食事の準備をすると良いでしょう。

 

四十九日忌までの法事の流れ

四十九日忌までの法事

 

百か日

亡くなってから100日目に営まれます。「卒哭忌(そっこくき)」などとも呼ばれ、愛する人との別れから日々がたち、そろそろ別れを告げ、現実の生活に目を向ける頃に営まれる法事です。

一周忌

亡くなった翌年の祥月命日、つまり故人が亡くなった月日と同じ日に営まれる法事をいいます。命日が平日で招待される方々の都合上、命日より繰り上げての休日に営まれるケースも多いようです。四十九日忌と同様、数ある法事の中では盛大に営まれるのが一般的です。

三回忌から二十七回忌まで

年回法事は、一周忌以外亡くなった年から数えますので、三回忌は2年目となり、以後回忌数から1を引いた年数が法事の年に当たります。

主な年回法事は、右図にあるように、三回忌から節目に年回法事がございます。また、ここ最近では七回忌法要もご家族、ご親戚を一周忌同様に招き、営まれるケースも増えております。

家族、ご親戚が集まることも年間を通して少なくなってきていることもあり、故人の供養を兼ねて集まることが多くなっています。

三十三回忌

地域の慣習などによって違いはありますが、一般に三十三回忌、または五十回忌で「弔い上げ(とむらいあげ)」として、1人の故人の法事を切り上げることになります。

その後については、「先祖代々」として供養することが多いようです。

ちなみに三十三回忌の法事は、故人の死後32年目になります。

 

四十九日忌までの法事の流れ

法事の準備

それぞれのシーンに合わせたご法要をご提案いたします。

さまざまな回忌におけるお客様のご要望にひとつひとつお応えしてまいります。
お料理はもちろん、祭壇、引物、案内状の手配、会の進行・演出など、
様々なシーンに合わせプランからお選びいただけます。

よくあるご質問 Q&A

皆様から法要についてよくいただくご質問をご紹介いたします。
その他にわからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

question

法要を行うのが初めてで、どのように進めていいかわかりません。

answer

いちえの専属担当者が、初めてのお客様にもわかりやすくご説明いたしますのでご安心ください。
ちょっとしたご質問でもお電話でお気軽にお問い合わせください。

 

question

法要で会食だけでなくお参りができる会場はありますか?

answer

いちえでは、同じグループにて葬祭業も行っております。
専門業者としての豊富な知識と経験にて皆様に安心できるサービスを提供いたします。

●恵庭市に香華殿 恵庭斎場がございます(会食可)。
※いちえ店舗では焼香不可となっております。

●北広島市に香華殿 北広島斎場がございます(会食可)。

 

question

祭壇の費用はどのくらいかかりますか?

answer

基本祭壇30,000円(メモリアル会員価格)からご用意しております。
水道暖房光熱費・会場使用料は無料。当社指定お参り会場ご利用の際、接待代行スタッフ1名が
お客様のサポートをいたします。仏式のお参りに必要なものが全て含まれております。

※寺院・宗教により基本祭壇に別途費用がかかる場合もございますので予めご了承ください。

 

question

自宅やお寺などへの仕出し法要料理は配達してくれますか?

answer

仕出し料理・法要料理の専門スタッフがお客様のご希望場所まで、お時間に合わせてお届けいたします。
お料理の提供には、お届け場所、料理の数に応じて保冷車などでお届けいたしますので
ご安心してお料理をご注文ください。配達時間についてはお問い合わせください。

※遅い時間の会食の場合は翌日のお片付けとさせていただいております。

 

question

自宅で法事を考えているのですが、高齢で身体が不自由なので料理配膳準備・片付けが大変です。
お手伝いいただけるサービスはありますか?

answer

いちえでは配膳から後片付け、その他テーブル・グラス・座布団などの備品サービスも行っております。 詳しくはお電話などでお気軽にお問い合わせください。

 

question

法要の案内状を送りたいと思っているのですが、よくわかりません。

answer

ご案内状のお手伝いもさせていただいております。
往復ハガキのタイプからカード・封筒タイプもございます。

 

question

引物は準備していただけるのでしょうか?

answer

もちろん熨斗・紙袋なども含めて準備いたします。また、いちえではオリジナルのギフトや釜めしギフトセット、その他商品を多数準備してございますので是非ご利用ください。

 

question

法事でお花やお香典をいただきお返し物をしたいのですが、どうしたら良いですか?

answer

後返し商品をはじめ、発送からお礼状の準備まで責任を持ってお手伝いさせていただきます。

 

question

法要の際に、お花をあげたいと思っているのですが。

answer

仏花をはじめとして、さまざまなアレンジ花をご用意できます。お気軽にお問い合わせください。

 

question

代金のお支払いは、どうすれば良いですか?

answer

お料理配達時かお片付けの際に現金でお支払いをお願いします。
いちえ店舗会食をご利用のお客様はクレジットもご利用可能です。

 

その他、ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップ