いちえブログ ~記念日のわらじ~

2017年7月15日

第22回むらもと祭り 閉会

7月14日(金)

当初の予定を30分超過し、20:30に閉会しました。
天候にも恵まれ、大きな事故もなく、無事に終えることが出来ました。

また、会場周辺にお住まいの皆様方には、道路の混雑や騒音等により、大変ご迷惑をお掛けしましたことに、
深いご理解、厚いご協力を頂き、グループ企業の一社として改めて感謝申し上げます。


第22回むらもと祭りの様子はご覧の通りです。

オープニングの和太鼓(幼稚舎えるむ)



この行列はICHIEスイーツ。
むらもと祭り限定「釜プリン」100名様無料配布の列です。


「釜に入ったスイーツは食べ終わるまで冷たいままでいいね」
と言う予想していないイイ感想がありました。

他にもいろんな感想があり、
新たな商品化のヒントになりました。



ステージ前広場ではチアダンス(PRIMROSE)が会場を盛り上げています。

その頃、いちえブースは……。

株式会社いちえ北海道としてのメイン事業!?

大釜めしの調理が始まりました。
*釜プリン配布後すぐに始めます。



調理しているのは村本智宏社長(青シャツ)。
社長就任後初、人前での釜調理です!?


乞うご期待!



事前に剝いたカニの身をご飯一面に敷き詰めます。
ご飯はなにせ13升です。

*カニは幾ら入れても入れ過ぎと云うことはありません。みんな喜ぶのです。



カニの姿も入れます。
これを入れなければカニ釜めしの雰囲気が出ません。



釜を炊きます。


しばらくお待ちください。




会場の様子です。



ついに完成!

見た目のインパクトがすごいのですが、
釜めしを食べようと列に並んでいる人にはわかりません。



配布が始まります。
一番乗りは頭にタオルを巻いている子どもです。
すごく興味深げに20分くらい前から釜を見ていました。



300食配布予定でしたが550食分取れました。
2~3回食べに来てくれた方もいらっしゃいました。


容器が少し小さかったのかもしれません。
食べたい人全員に当たりましたので良しとします。



イクラもトッピングしました。大サービスです。
もちろん、ネギ、しば漬け、ワサビはお好みでトッピング自由。



出汁も用意しましたので、お茶漬けで食べたい方もOK。



550食完食!


現代版組踊「チーム絆花」のダンスパフォーマンス



YOSAKOIチーム「恵庭紅鴉」
本年2017年最終ファイナルステージに進出した名門チームです。


今回のメイン企画「アンジェラ佐藤VS大食い対決」です。

出演前にサインを求めるファンに応じる。




大食い対決は、アンジェラ佐藤VS出店者チームVSむらもと社員チームです。

15分間の大食い対決です。



結果は、アンジェラ佐藤12個、出店者13個、社員5個、というまさかの結果に……。



アンジェラ佐藤いわく「来年は負けない!」とのこと。
*来年の企画は未定




来場者数は3,000人強です。



お祭りの締めは豪華景品が当たる抽選会です。



最後に第22回むらもと祭りにご来場いただきました皆様へ
グループ企業の一社として心から厚くお礼申し上げます。



ページトップ