いちえブログ ~記念日のわらじ~

2018年1月17日

梅じゃこ釜めし

『梅じゃこ』釜めしの雑魚(じゃこ)は
北海道産の「小女子(こうなご)」を使用しています。



スーパーなどで販売されている乾燥した小さな魚を
「しらす」
「小女子(こうなご)」
「玉筋魚(いかなご)」
「白魚(しらうお)」
「素漁(しろうお)」
「縮緬雑魚(ちりめんじゃこ)」
「しらす干し」
など様々に表記されています。



簡単に整理します。



しらす→「マイワシ」「ウルメイワシ」「カタクチイワシ」の稚魚の総称

白魚(しらうお)→シラウオ科の魚類

素魚(しろうお)→ハゼ科の魚類

玉筋魚(いかなご)→イカナゴ科の魚類。
その稚魚を東日本では「小女子(こうなご)」と呼んでいます。
※西日本では「新子(しんこ)」。

上記の仔稚魚を食塩水で煮た後、天日などで干した食品を
関西では「縮緬雑魚(ちりめんじゃこ)」、
関東では「しらす干し」と呼んでいます。



写真:調理済みのじゃこ。

じゃこの調理シーンはありません。



もう一つの主役の梅干し。
酸っぱ過ぎないように蜂蜜漬けです。



最後に職人がひと手間加えます。
シンプルな味わいに整える。



卵をひいた上にじゃこを入れます。



ゆかりをかけます。



大葉をひきます。



梅干しを乗せます。



蓋を閉めて完成です。



食べ飽きないさっぱりとした味わい。
シンプルイズベスト。
お茶漬けとの相性は抜群です。
純粋にお米の味を堪能したい方にお勧めの釜めしです。

『梅じゃこ』
890円(税込961円)

当社のロングセラー商品です。





ページトップ